プロフィール

恵比寿

Author:恵比寿
鎌倉の海岸が好きです!
特に滑川の東西、由比ヶ浜と材木座を歩くこと。
ここでは、鎌倉の海岸で拾えたさまざまな貝を紹介していきます。
珍しいものに限らず、誰でも拾える貝殻や割れたものでもアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツバガイ

マツバガイ

ツタノハガイ科の巻貝の仲間でもカサ型の貝類。
子供の頃、図鑑(小学生用の)にウシノツメというのがあって、すごく印象に残っていた。

房総半島から南の潮干帯岩礁に普通に見られて、相模湾のカサガイ類としては一番大きくなるのか。
私が一番好きなタイプは、青地にエンジの松葉模様。
松葉模様の他に、さざなみ模様のタイプと、その中間タイプなど模様と色彩はバリエーションに富む。
殻の内側は真珠光沢があって、真ん中が朱色をしていて、その様子から「ウシノツメ」と呼ばれた。

下の写真は、鎌倉坂ノ下海岸で打ち上げられたもの。
昔、稲村ガ崎に大きなマツバガイを採りに行ったが、打ち上げの方がきれいに洗われて模様も鮮明でよい。

DSC00896.jpg


こちらは、三浦半島佐島(打ち上げ)のマツバガイ。
この松葉模様、
昔のテレビで見た「南洋の土人の持つ楯」を思い出しました。

DSC00899.jpg

スポンサーサイト

<< オオシイノミガイ | ホーム | カコボラ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。