プロフィール

恵比寿

Author:恵比寿
鎌倉の海岸が好きです!
特に滑川の東西、由比ヶ浜と材木座を歩くこと。
ここでは、鎌倉の海岸で拾えたさまざまな貝を紹介していきます。
珍しいものに限らず、誰でも拾える貝殻や割れたものでもアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッコウイモガイ

稲村ガ崎海岸

由比ガ浜の西側。

古くは1333年、新田義貞が鎌倉攻めの折、
この稲村ガ崎を越えられず、剣を海に投げ入れたら潮が引いて、岬を回って鎌倉に攻め入る事ができたという。
大潮のタイミングを見計らって、剣を投げ入れたのだろうか。

私は、この稲村ガ崎でベコウイモガイの生き貝を採集した。
(かなり以前の話です=訂正)

DSC00752.jpg

DSC00330.jpg


タカラガイ同様に、主に南方に分布するイモガイ科の中で相模湾で得られる数少ないイモガイの1種。
房総半島以南の潮干帯岩礁の砂地に生息し、ゴカイ類などを捕食する。
残念ながら、相模湾では最近減少して、生き貝の採集記録を耳にしない。
同じベッコウイモガイ属のベニイモガイ、
こちらも少ないものの、打ち上げで拾うことができる。

次の写真は、ベッコウイモガイの幼貝。
伊豆半島 爪木崎の天草干場で採集したもの。

DSC00329.jpg

スポンサーサイト

<< 稲村ヶ崎海岸 | ホーム | オオシイノミガイ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。