プロフィール

恵比寿

Author:恵比寿
鎌倉の海岸が好きです!
特に滑川の東西、由比ヶ浜と材木座を歩くこと。
ここでは、鎌倉の海岸で拾えたさまざまな貝を紹介していきます。
珍しいものに限らず、誰でも拾える貝殻や割れたものでもアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キイロダカラ

キイロダカラ(黄色宝)  タカラガイ科

IMG_1032.jpg

鎌倉 稲村ヶ崎産、すべて生き貝です。

最近は少なくなり、由比ヶ浜の打ち上げでも

たまに拾える程度です。
スポンサーサイト

カミスジダカラ

カミスジダカラ  タカラガイ科

IMG_1035.jpg

左は、まだ若い個体です。
チャイロキヌタによく似ていますが、よく見るとわかりますが
細いカミスジ模様があります。(すべて由比ヶ浜で拾いました)
フィリピンなど南方では、白っぽく小さくなる傾向があるようです。

IMG_1044.jpg

こちらは近い種類のチャイロキヌタ。稲村ヶ崎産の生き貝です。
3本の褐色帯があるのが特徴で、カタチも若干細長い型が多いのですが・・・
丸っこくて褐色帯の見えない個体もあります。

カミスジダカラとチャイロキヌタは同種だと論じる方もいますが
私は別種のように思います。

由比ヶ浜を歩いていて、カミスジダカラかな~と思われるカタチのものを拾っても
「カミスジ」が見えなくて、な~んだチャイロキヌタか?と持ち帰らないことが多々ありますが
カミスジ模様の無いカミスジダカラだったら判別不能ですね。
貝殻による分類は難しいと思うところですが、亜種やバリエーションなど考えると
分類学自体が難しくなってしまいますね。

フクロガイ

フクロガイ  タマガイ科

IMG_1042.jpg

由比ヶ浜で拾いましたが、少ない貝です。

もっと扁平平滑なツツミガイは最近何度か拾えていますが

フクロガイが拾えたら嬉しいですね~

IMG_1043.jpg

ネコガイ

ネコガイ (猫貝)  タマガイ科


IMG_0861.jpg

昨日の、猫とネズミですが

ネコに似てますか~?

IMG_0860.jpg

タマネコガイという種類が分類されていますが

いまだに違いが判りません。

ネコガイの内湾型とか、殻皮がビロード状とか、丸いという表現もありますが・・・。

由比ヶ浜では最近、ネコガイは多く拾える貝になりましたが

小さな幼貝が多くて、大きなもの、殻皮の付いたものは少ないです。

まだ、生きた個体は見たことがありません。

ネズミガイ

ネズミガイ  タマガイ科

IMG_0852.jpg

このグループ、鎌倉で一番多く拾えるのは

白いネコガイです。

ネコとネズミ

ネズミガイは、多くない貝ですが・・・運が良ければ拾えます。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。