プロフィール

恵比寿

Author:恵比寿
鎌倉の海岸が好きです!
特に滑川の東西、由比ヶ浜と材木座を歩くこと。
ここでは、鎌倉の海岸で拾えたさまざまな貝を紹介していきます。
珍しいものに限らず、誰でも拾える貝殻や割れたものでもアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカシガイ

スカシガイ  スカシガイ科


多くはありませんが
たまに拾える貝です。
近い種類のヒラスカシガイの方が多いのですが

やはり、一応・・スカシガイからアップさせていただきました。


DSC04458.jpg

なかなか、海に行けません。
とりあえず、標本箱から。


先日、異業種の経営者の方たちと懇談しておりまして
ブログの話になりましたが・・・。
やはり、更新をサボっちゃいけませんね(笑)
スポンサーサイト

ザクロガイ

ザクロガイ  ザクロガイ科


DSC04456.jpg


小さいです
タカラガイやウミウサギガイに近い仲間で

小さなイトカケガイなど、微小貝の打上げ帯で一緒に見つかります。


DSC04457.jpg

これくらいの大きさです。

そう多くはありませんが
決して珍しいわけでもなく、拾えるとちょっと嬉しいかな。

ハナマルユキ

やはり

タカラガイは人気者ですね。

鎌倉で一番拾えるのは、もちろんメダカラ
そして、次に多いのがチャイロキヌタで間違いないと思います。

さて、3番目に多いタカラガイは何でしょう?

個人差があると思いますが
私の実績では、このハナマルユキです。

ハナマルユキガイ(花丸雪貝)  タカラガイ科


DSC04451.jpg

その次は、キイロダカラでしょうか?

こんなのも、拾ってきました。

DSC04452.jpg

チャイロキヌタは拾っておくと、たま~によく見るとカミスジダカラが混じっていたり
します。

最近はウキダカラが見つかるようなので・・・
密かに期待しているのですが(笑)

サワラビ

サワラビガイ  (早蕨貝)  ヒゲマキナワボラ科

DSC04344.jpg

ケヤリムシの棲管に寄生する貝として知られていますが
まだ、私は実際にケヤリムシに付いている様子を見たことはありません。

というか、そんなことは忘れていて
今までずっとケヤリムシをあまり意識してませんでしたが・・笑

DSC04345.jpg

鎌倉の海岸でも、打上げで拾えるのは
そう多くないと思います。

大きさの感覚がわからないので
もう1枚、画像を追加します。

DSC04346.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。