プロフィール

恵比寿

Author:恵比寿
鎌倉の海岸が好きです!
特に滑川の東西、由比ヶ浜と材木座を歩くこと。
ここでは、鎌倉の海岸で拾えたさまざまな貝を紹介していきます。
珍しいものに限らず、誰でも拾える貝殻や割れたものでもアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤカドツノガイ

DSC02184.jpg


10月28日(日)鎌倉のオフ会に大幅な遅刻で参加しました。
なんと坂ノ下海岸に着いたのが、午後3時過ぎですから・・・
いくら浜をさまよっても、何も落ちていないはずです(笑)
台風一過で暑いくらいの晴天、でもまだ波は強くて
貝溜まりの堆積もすっかり流されてしまったようで、サクラガイも微小貝も見ることができませんでした。

DSC02185.jpg
波打ち際は、このような感じでした。

DSC02175.jpg
立派なサザエがひとつ、誰も拾わなかったようです。

DSC02176.jpg
カコボラは、ひとつだけ。


DSC02198.jpg
これが、収穫物のすべて・・これで全部です。ヤカドツノガイ・サギガイ・ヤエウメ・陶片・流木(木の枝?)
あ、フジノハナガイを忘れていました。
普段なら拾わないような貝をひろってしまいましたね~

ヤカドツノガイが1本だけとは・・・・・・・・
さびしいので、以前のものをアップいたします。

DSC02201.jpg

ヤカドツノガイ(八角角貝) ゾウゲツノガイ科
日本で一番ポピュラーなツノガイでしょう。
北海道から熱帯太平洋まで広く分布しているといわれています。
由比ガ浜では、かなり拾いやすい貝のひとつです。

DSC02178.jpg
小坪をバックに、豪快な波。
(続く)
スポンサーサイト

流木・・流木

DSC02151.jpg

久しぶりの平塚海岸
まず、浜に出て目に入ったのがこの光景。
DSC02144.jpg


そして、波打ち際はきれい
唯一見かけた生きた貝は、この貝でした。

DSC02154.jpg
流木に付いていたレイシ

DSC02152.jpg
浜辺は流木と漂着ごみばかり

DSC02161.jpg
上の方にも、流木が打ち上がっていました

DSC02160.jpg
少し流木を拾ってみましたが、これは少し大きくて、歩いてきたので持ち帰れるサイズじゃないですね
このチョコレートのケース、サクラガイでも入れようと持ってきたのですが・・・
何も無かったですね。

DSC02147.jpg
流木しかなくとも、お天気はよく海が青くきれいで気持ちよい散歩となりました

DSC02158.jpg


DSC02167.jpg
拾った貝は、ダンベイキサゴ1個だけ

DSC02164.jpg
流木はポリ袋1枚分、何になるのでしょう?

シドロガイ

DSC02066.jpg

先日の葉山海岸、真っ赤なカンナの花が咲いていました。
波打ち際には、大小の貝類があり
大きなものは刺し網に掛かったものでしょう。

DSC02081.jpg
ボウシュボラ

DSC02071.jpg
カコボラはたくさん!

DSC02072.jpg
ミガキボラとオオヘビガイ

DSC02075.jpg
タコノマクラ

DSC02086.jpg
程度はよくないものの、シドロが・・

シドロガイ    ソデガイ(スイショウガイ)科

シドロガイは地味な色ながら、この仲間の種類は熱帯太平洋に多く
美しいベニソデガイや大きなスイジガイなど多種多様なグループです。

DSC00697.jpg
この写真の貝は、全て生き貝です。
下の2個体は、三浦 久留和産、上の個体は土佐湾産。

DSC02085.jpg
素晴らしい景色でした。江ノ島が遠くに見えますね、富士山も見えますか?

DSC02087.jpg
いつもながら、海を見ていると癒されます。

逗子から葉山へ

DSC02048.jpg


続編が、遅くなりました。まだ、逗子の浜辺です。

DSC02055.jpg
これは、ミガキボラ?

DSC02056.jpg
クチベニガイが2個

DSC02111.jpg
カバザクラは全部でこれだけ拾いました。
半片のものは、拾わずに合片(2枚合わさったもの)だけ・・

そして、逗子は早々に引き上げて葉山へ。
最初の浜がここ、「あぶずり」と読みます(歩いて行きましたが・・・)

DSC02059.jpg


DSC02060.jpg
バス停です

DSC02061.jpg
コシタカガンガラ
DSC02062.jpg
キヌタアゲマキ
ここで拾った貝は、このキヌタアゲマキだけでした。

DSC02063.jpg
道路わきのヒガンバナ(曼珠沙華)がきれいでした。

サギガイ

DSC02040.jpg


10月7日(日)逗子海岸

午後から逗子市内で、相模貝類研究談話会の例会が開催されたので
1年ぶりに逗子海岸へ。
台風の影響なのか、逗子にしては波が少しあり。
風もなく、たいへん良いお天気・・・、ただ浜辺を歩いて一見して打ち上げが無い!

DSC02043.jpg
浪子不動よりの西端は、このように褐藻類が打ち上がっていて、多かったのが合片のウチムラサキ。


DSC02045.jpg
ウチムラサキガイ(マルスダレガイ科)
DSC02046.jpg


砂浜の打ち上げは、ほとんど無かったものの
一番拾えたのがやはりカバザクラ、次にサギガイでした。

DSC02051.jpg
カバザクラガイ(ニッコウガイ科)


DSC02054.jpg
サギガイ(ニッコウガイ科)


DSC02109.jpg
このように、意外と新鮮な合片が数個

DSC02050.jpg
こうして見ると、広大な砂浜ですね。


DSC02096.jpg
夜の部、逗子パーティーの貝・・・やはり

DSC02098.jpg
卓上交換会へ、きれいなボウシュウボラです

DSC02100.jpg
最後のマンハッタンが効きました(笑)

バカガイなど

DSC01959.jpg


上の写真は、鎌倉の坂ノ下海岸。
由比ガ浜の西端になり、私は毎回ここから歩き始めて滑川まで
時間があれば、テリトリー越境して(笑)材木座まで向かいます。

今回、バカガイをたまたま拾ったので
鎌倉シリーズの最後にアップします。

バカガイ バカガイ科
港貝、青柳とも呼ばれて有名な二枚貝。
一時期、由比ガ浜で大量発生しました。

DSC02016.jpg

DSC02019.jpg


来週の日曜日 7日は逗子へ行きます。
午前中は、逗子海岸。
午後は、相模貝類談話会の例会。

そして、18時から「貝と海仲間のオフ会」をいたします。
各自の持ち寄り品交換会+食事会です。
参加される方は、メールいただければ、お店決まり次第連絡いたします。
sky134sea@yahoo.co.jpまで

バカガイだけでは味気ないので、最近見かけた花の画像を。

DSC01948.jpg
秋はすすきですね


DSC01953.jpg
最近は、白い彼岸花もよく見かけます


DSC01954.jpg
モミジアオイという名前らしいですね


DSC01957.jpg
エンゼルトランペット、最近よく植えられている不思議な花

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。