プロフィール

恵比寿

Author:恵比寿
鎌倉の海岸が好きです!
特に滑川の東西、由比ヶ浜と材木座を歩くこと。
ここでは、鎌倉の海岸で拾えたさまざまな貝を紹介していきます。
珍しいものに限らず、誰でも拾える貝殻や割れたものでもアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アワブネガイ

DSC01597.jpg


もう、2週間
海に出掛けてないので、まだ葉山の海にいます(笑)

打ち上げ採集をしながら、目に付いて拾ってきた貝がこれ
アワブネガイです。

カリバガサガイ科 アワブネガイ
別名をクルスガイ(せむしの意味)
英名はSlipper Shell、こちらの方がわかりやすいですね。
下の写真の貝は、打ち上げなので貝殻も磨耗しているものが多かったようです。
周りに置いたビーチグラスも、丸くなってますね。

DSC01640.jpg


こちらは、鎌倉由比ガ浜産のアワブネガイ。
先日紹介したシマメノウフネガイに似ていますが、よく見れば違いは明らかだと思います。

DSC01642.jpg


このアワブネガイ、なにか愛着を感じてつい拾ってしまいます。

もう6月も下旬に入り、
我が家の庭の紫陽花も満開です。

DSC01631.jpg

スポンサーサイト

ミゾガイ

DSC01612.jpg


今日のトップ画像は・・?
海ではなく、空です。
先日の空がきれいだったもので。(さいたま市にて)

DSC01577.jpg


先週の鎌倉 由比ガ浜です。
ようやく、夕方に歩いた浜辺。
潮も引いて、微小貝も拾えそうな良さそうな雰囲気の浜でした。

DSC01574.jpg


ただ、時間もなくて足早に歩きながら拾えたのは、この貝。
ミゾガイ(マテガイ科)でした。
由比ガ浜には多い二枚貝で、合片も多く打ち上げっています。

DSC01635.jpg


カンナの花も、もう咲いていました。
鎌倉の夏のイメージ、なにか懐かしい花です。

DSC01571.jpg


滑川から浜を上がり、鎌倉の街へ。

DSC01580.jpg

エビスガイ

DSC01593.jpg


今日は相模貝類研究談話会の例会(総会)が、葉山しおさい博物館で開催されました。
午前中は激しい雨でしたが、例会が終わる頃には雨もあがり、有志で浜歩きをしました。
やはり数人並んで海岸をしゃがみ込みながら歩くのは楽しいもの。
例会の内容も楽しく、有意義な1日でした。

DSC01594.jpg


久しぶりの葉山海岸の打ち上げ採集。
以外に小型・微小貝が多かったですね。

多く目に付いたのが、ムシボタルとホタルガイ。
オオシイノミガイやコシイノミガイなども拾える浜なんですね。

そして磯もあるので、バテイラやクマノコガイ、スガイなどの生き貝も打ち上がっていて、
エビスガイも生き貝を拾えました。

DSC01607.jpg


エビスガイ(恵比寿貝) ニシキウズガイ科

私にとっては思い出深い貝なので、ハンドルネームにしましたが。
葉山で恵比寿貝を拾ってしまいました!

海岸近くで咲いていた植物。
平塚海岸でも咲いていましたが、ユッカは絵になりますね。

DSC01600.jpg


エンゼルトランペットも好きな花です。

DSC01592.jpg


葉山海岸、またお天気の良い日にゆっくり歩きたい浜でした。

DSC01599.jpg

カズラガイ

DSC01560.jpg


夕方の5時、ようやく平塚海岸へ。
無料駐車場は日中は満車、そして18時で閉鎖されてしまうのです。
駐車場の入り口で、紫陽花が咲き始めていました。
もう、6月ですからね。

空は曇ってきて、海の色もさえません。

DSC01551.jpg



DSC01553.jpg


今日は本当に何もなし、
貝はレイシの破片と、ムラサキイガイの半片が一つだけ。

ヒマワリが一輪、咲いていました。

DSC01559.jpg


夕方になって、さすがに人も減り始めました。

DSC01558.jpg


今日は貝が拾えなかったので、
先日 ウラシマガイの時に紹介したカズラガイの画像をアップしてみます。
カズラガイ  トウカムリガイ科 三浦荒崎産
ナガカズラガイという、外洋性のタイプです。

DSC01562.jpg



DSC01563.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。