プロフィール

恵比寿

Author:恵比寿
鎌倉の海岸が好きです!
特に滑川の東西、由比ヶ浜と材木座を歩くこと。
ここでは、鎌倉の海岸で拾えたさまざまな貝を紹介していきます。
珍しいものに限らず、誰でも拾える貝殻や割れたものでもアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イシダタミ

イシダタミガイ  ニシキウズガイ科


石畳という名前のように殻の表面は
まるで石畳のような彫刻があって、さらに色分けされてます。
自然のデザインって、すごいですね~

DSCN0081.jpg

色彩は、このように紺色(暗紫色?)と赤紫色の組み合わせが多いですが
バリエーションはあるようです。

このイシダタミ
どこでも拾えるありふれた貝ですけどね

もし、数が少なかったら
この素晴らしい造形美で価値が出たのでしょうね!!
スポンサーサイト

ミガキモミジボラ

ミガキモミジボラ  クダマキガイ科


先日の由比ヶ浜
波打ち際に生きたまま打ち上がってきました。

意外と打ち上げで拾える貝ですね。


DSC05189.jpg


1971年、黒田先生と大山先生による記載で、和名も同じくお二人の命名かと思います。

クダマキガイ科と思ってましたら
肥後目録(日本列島周辺海産貝類総目録 肥後俊一氏編 1973年)ではクダボラ科でした。
ちょっと、記憶があやふやなので今回はクダマキガイ科を使用しました。

こんなものが拾えたよ

いよいよ
2009年の大晦日ですね。


最近、鎌倉の坂の下海岸が面白いです。


DSC05076.jpg

狭いエリアですが

由比ヶ浜と違い、岩礁に生息する貝類が多くて
最近はタカラガイが多産するようです。

タカラガイ意外にも、バラエティに富んだ多種類の貝類が拾えますよ。


DSC05099.jpg


ほんの一部ですが・・
鎌倉の貝 こんなものが拾えたよ。


一時期、更新が途絶えたりいたしましたが
皆様1年間、ありがとうございました。


また来年から、鎌倉で拾える貝を

ゆっくりとアップしてまいりたいと思います。

よろしくお願いいたします。

ベニイモガイ

ベニイモガイ (紅芋貝)   イモガイ科



イモガイというと南方系の貝類で、和歌山県南部・・・あ~紛らわしい表現だ
和歌山県最南端まで行くと、多種多様なイモガイが打上げで拾えるものの
鎌倉で拾えるイモガイは、とても少ないものです。
最近では、このベニイモが拾えたらとても嬉しいと思うくらいに見かけなくなりました。


DSC03915.jpg


派手な色彩の熱帯性イモガイが多い中で、和風という表現が合うのかどうか
落ち着いた色彩のイモガイですね。

コゲチャタケ

コゲチャタケガイ     タケノコガイ科


鎌倉の海岸で拾えるタケノコガイの仲間の中では最大級クラスでしょうか?
なかなか最近は、完全なものは拾えません。
だから、ついついこんなボロボロのコゲチャタケも拾ってしまいます(笑)


DSC03913.jpg


この仲間
コゲチャタケノコガイではなく、コゲチャタケガイなんですね
どうも和名は難しい。
個人的には、コゲチャタケでも良いと思いますが・・・。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。